2019-02

スポンサーリンク
column

時代が求めているカメラとは?2019年CP+を前に思うこと

2019年CP+の最大のテーマは何だろうか? カメラと写真映像のワールドプレミアショーCP+が今年も28日から始まる。去年も行きたいと思っていたが、仕事との折り合いがつかず、見送った。 今年は招待状もいただいたので何とかして参加したいと考えている。 去年はCP+直前に、ソニーがフルサイズミラーレスのα7Ⅲを発表。20万円台前半というフルサイズにしては格安な価格と、上位機種と遜色ないAF性能やバッテリー容量、動画性能だったため、空前のお祭り騒ぎとなった。 一眼レフからミラーレスへの時代転換を象徴するゲームチェンジャーの登場で、業界の2巨頭キャノンとニコンの影が薄く見えたものだ...
camera

私の使用カメラ!ソニーα7Ⅲ、RX100M5、フジフィルムX-E3、X-T20、Leica C-LUX

私の好きなカメラは小型軽量 カメラ歴をたどると、フィルムカメラからデジタルカメラ、そして、いまや、そのデジタルカメラも一眼レフよりもミラーレス一眼カメラが人気である。 人気の理由を分析すると、ミラーレスの方が小型軽量でオートフォーカスが高速化したことがある。 遠い昔、NikonF3でフィルムカメラを使用していたころ、正直言って、カメラ撮影を楽しんだことはなかった。ねぜなら、カメラ撮影は仕事の一部であり、現像・焼き付けも自分でやっていたので、先立つ感情は「やれやれ」だった。 久しぶりにカメラを初めて最初に考えたのは、ミラーレス一眼の最大の特徴・小型軽量を実現している機種を探す...
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました