富士フイルムがAPS-C最強の高級コンデジX100Vを発表!人気の旅スナップカメラX100Fと徹底比較した

CAMERA COLUMN
image:富士フイルム公式サイト「X100V」

富士フイルムが高級コンパクトデジカメ「FUJIFILM X100V」が正式に発表しました。

2017年2月23日に発売されて以来、いまなお大人気の「X100F」の後継機ですが、新型「X100V」はどこまで進化したのか、両モデルを比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

X100Xは世界最高のAPS-Cコンデジ

X100VはM型ライカを彷彿とさせるフォルム

私がいま、APS-Cセンサー搭載の高級コンパクトデジタルカメラ「X100V」に最も注目しています。

カメラにとってフォルムはとても大切です。スタイリッシュなカメラであれば、外に持ち出すモチベーションが高まり、撮影枚数も増えるものです。

カメラは撮影してナンボの世界。シャッターを切らなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。

X100シリーズは、光学式と電子式の切り替えが可能な「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」を搭載したデジタルカメラです。

レンジファインダーのM型ライカのようにファインダーの覗き窓があり、他の一眼レフや一眼ミラーレスカメラとは全く異なるクラシカルでスタイリッシュなフォルムとなっています。

今回発表されたX100Vは、カメラの最高峰ライカM10を彷彿とさせるフォルムを一層強く身に纏った印象です。(写真上がX100V、写真下がLeicaM10)

image:富士フイルム公式ページ

これだけスタイリッシュだと、漬物石のような大きく重い一眼レフカメラや高級カメラより、積極的に持ち出したくなるカメラといえます。

X100Vは最上位機種X-T3と同じ第四世代のセンサーを採用

ボディのフォルムと同様、機能や性能の進化も気になる点です。

X100F発売以来、3年ぶりとなるだけに、今回はかつてないほど大幅な変更となりました。

その中でも大きな改善点は次の3つだと考えています。

  • 最上位機種X-T3と同様の最新センサーと画像処理エンジンを搭載
  • 開放F2では甘かったレンズを非球面2枚の新型レンズに変更
  • 液晶モニターが固定型からチルト式に変更

X-T3と同じ最新のセンサーや画像処理エンジンを搭載して、AFの速度や正確性の改善や、さらなる画質向上をはかっています。

私は同様のセンサーと画像処理エンジンを積んだX-T3とX-T30を使用していますが、全く不満を感じていません。

X100Vも同じレベルに引き上げられたというのは、とても魅力的です。

また、F2開放からシャープな写りが期待できる新型レンズに変更されました。

先代X100Fのふんわりした写りが好みの人もいたと思いますが、開放でのクセのある写りに不平不満を漏らす人は少なくありませんでした。

富士フイルムはその点を考慮したものと思われます。

近代レンズはF値開放からシャープなレンズが主流なので、X100Vも現代レンズを身につけたと言っていいのかもしれません。

そして、これも大きな変更点だと思いますが、背面の液晶モニターが固定式からチルト式に変更されました。

チルト式の採用によって、ローポジションからの撮影が楽になりました。

さらには、街中のスナップ撮影はファインダーを覗いたスタイルの撮影は街ゆく人に警戒されてしまいます。しかし、チルト式ならば、うつむいてモニターを見ながら何気ない撮影が可能で、撮影スタイルの幅を広げることができます。

新型X100Vはスナップカメラとして、より一層、実用性も高めたといえます。

ただ、それ以外にもX100Vは多くの点で進化を遂げました。先代X100Fと徹底比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

最近機種X100Vと前モデルX100Fを比較

有機ELファインダーや防滴防塵、4K動画にも対応

新型X100VがX100Fから変化した点をまとめたのが下記の表です。

X100VX100F
画素数約2,610万画素約2,430万画素
センサーX-Trans CMOS 4センサーX-Trans CMOS IIIセンサー
画像処理エンジンX-Processor 4X-Processor Pro
レンズ構成6群8枚(非球面2枚)6群8枚(非球面1枚)
光学ファインダー視野率約95%
倍率約0.52倍
視野率約92%
倍率0.5倍
電子ファインダー0.5型有機EL
約369万ドット
0.48型
約236万ドット
背面モニター3.0型タッチパネル
約162万ドット
チルト式液晶モニター
3.0型
約104万ドット
固定式液晶モニター
ISO感度標準:160-12800
拡張:80/100/125/25600/51200
標準:200-12800
拡張:100/25600/51200
内蔵NDフィルター4段分3段分
動画DCI4K:(最高)29.97p
4K: (最高) 29.97p
連続最大10分まで
FullHD:59.94p
連続最大約15分
FullHD:120p
連続最大約6分
FullHD:59.94p
連続最大約14分まで
HD:59.94p
連続最大 約 27分まで
防滴防塵アダプター・フィルター装着時対応
サイズ128×74.8×53.3㎜126.5×74.8×52.4㎜
重量
(バッテリー、メモリーカード含む)
約478g約469g

表から分かるように、画素数、光学ファインダーの視野率拡大、有機ELファインダー、液晶モニターのタッチパネル、4K動画、防滴防塵対応など、あらゆる部分を向上させています。

とくに、チルト式液晶モニターを搭載しながら、重さや大きさを微増にとどめたのは、開発陣の努力の結晶だと思います。

image:富士フイルム公式サイト「X100V」

しかも、液晶モニターが閉じた状態ではチルトに見えないように背面がフラットになるよう精巧な工夫が施されています。

ただ、スナップという手持ち撮影に最適なカメラなので、ボディー内手ぶれ補正は搭載して欲しかったと思います。

この点は次期モデルに期待ですね。(主な仕様・富士フイルム公式サイト

X100VとX100F、どちらを買うべきか?

最後に、発売日と価格ですが、X100Vはシルバーが2月下旬、ブラックが3月に発売予定となっています。

市場想定価格は、いずれも16万4500円(税別)

X100Fは初値(2017年2月)が13万9271円だったので、消費増税分(2%)を加味したとしても、X100Vはやや高値のスタートとなりそうです。

では、現在の実勢価格と比較してみます。(価格.com・2月5日現在の最安値)

X100V(シルバー・ブラック)X100F(シルバー)X100F(ブラック)
新品16万4500円9万5455円9万8217円
中古7万9970円7万9970円

X100Vはコンデジでありながら、16万円台想定しているのは、なかなか強気です。

それだけ人気機種だと言うことでもありますが、そこまで出費できないという人も少なくないと思います。

X100Fは1世代古くなると言っても、多くのユーザーがコンデジの完成形とも言っていた名機であることには変わりありません。

X100Vが発売されたら、さらにX100Fの価格がこなれる可能性もあるので、そこを狙うのも賢い選択かもしれません。

逆に、「最新のX100シリーズが欲しい」「開放F値からシャープなカメラでブツ撮りにも使いたい」といったユーザーはX100Vを購入すると、幸せになれるはずです。

ちなみに、私はX-Pro3を見送ったので、X100Vの購入を検討したいと考えています。

コメント

  1. やす より:

    チルドではなくチルト式ですね。
    気になってしまったので・・・

    • 左京 より:

      やす様

      校閲、ありがとうございました。
      修正しました。
      他にも間違っている箇所がありましたら、ご指摘ください。
      助かりました。

      左京

  2. やす より:

    いえいえ。
    すみません。質問もあったのに誤字のみの指摘になってしまっていました。

    X100Vの暗所AFの性能はどんな感じでしょうか?
    どの程度の暗さまで認識してその時の速さなど
    質問に対しての返答がしづらい内容かもしれませんが、
    ご回答いただけると幸いです。

    よろしくお願いいたします。

  3. 左京 より:

    暗所性能といってもどの機種と比較しての話なのかわからないので答えづらいのですが、最近発売されたフジ機と同程度、普通です。AFは暗所でも比較的合いやすいと感じます。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました