フルサイズ PENTAX K-1 MarkⅡは撮影が楽しいカメラだった!程よい良い3640万画素に手振れ補正効果で描写力も抜群(渋谷スナップ作例あり)

スナップ
スポンサーリンク

ペンタックスのフルサイズ「K-1 MarkⅡ」を選んだ理由とは?

「PENTAX K-1 MarkⅡ」と、いわゆるFA limitedの三姉妹

新型APS-C「K-3 MarkⅢ」がフルサイズ「K1 MarkⅡ」の好奇心を呼び起こした

熱心なペンタックスファン、いわゆるペンタキシアンの間では、いま、APS-Cのフラグシップ「K-3 MarkⅢ」が最大の関心時だ。

買うべきか否か。もう少し待つべきか否か。SNS上などで、よく目にするテーマとなっている。

前回のブログで、その「K-3 MarkⅢ」と、つい最近ディスコンとなった同じAPS-Cモデル「KP」を比較したが、詰まるところ、「K-3 MarkⅢ」の最大の売りはフルサイズ並みのファインダーである。その見やすくなったファインダーで撮影プロセスを楽しもうというのが基本コンセプトだ。

PENTAX渾身のAPS-C一眼レフ「K-3 Mark III」の魅力と弱点を徹底分析!名機”PENTAX KP”と比較し購入是非を考える(KP作例あり)
PENTAXが発売したAPS-Cフラッグシップ「K-3 Mark III」が魅力的な理由 PENTAX界隈がザワついた!私も気になった それにしても、カメラメーカーは変わり身が早いと思う。 つい10年前、いや5年ほど前まではカメラ市場を圧巻していたデジタル一眼レフ。ニコンもキヤノンも主要カメラの旗を下ろし、雪崩を打ったようにミラーレス、ミラーレスである。 企業なのだから不採算部門から手を引き、将来性のある分野にリソースを割くのは当然なのかもしれないが、この分だとデジタル一眼レフを開発・生産する企業が日本からは消えるのではないかとさえ感じる。 そんななか、リコー・ペンタ...

連射性能やAF性能が向上したとはいっても、他メーカーの機種と比較しても飛び抜けて優れているわけでもない。ただ、「撮影プロセスを楽しむカメラ」なのだから、スペック云々と論じるのもまた、ナンセンスだ。

ところが、価格は25万円以上。並みのスペックにしては、かなり強気である。価格を比較すると、KPの新品価格の約2.5倍。フルサイズのフラグシップ「K-1 MarkⅡ」よりも数万円高値なのである。

これでは経済合理性に優れているペンタキシアンにとって即買いすべきかどうか微妙だ。買うべきか否か、あれこれ迷うのは当然だし、もう少し値が落ち着くまで待ちの姿勢になる人がいても、何もおかしくはない。

ただ、私にはひとつ気になることがあった。

デモ機で撮影した写真家たちが「K-3 MarkⅢのファインダーはフルサイズと見え方がほぼ同じ」と口を揃えていた点である。

私はへそ曲がりだから、「そこまでフルサイズと同じ、フルサイズと同じと言うのだったら、K-3 MarkⅢではなく、フルサイズのK-1 MarkⅡを買おうじゃないの」と思ったのである。

フルサイズだから画質も良いはず。暗所でも安心だ。画素数も3640画素と圧倒的に多く、高精細かつトリミングにも強そうだ。何よりもK-1 MarkⅡの方が現時点ではお値段が安く、お買い得だ。

そう考えたのである。

そして、そのK-1 MarkⅡ購入後に最初に都市風景を撮影したのが次の1枚だった。

PENTAX K-1 MarkⅡ+FA77mm F1.8 Limited

暗部もしっかり描写している。さすがフルサイズではないか。

今回は、フルサイズのデジタル一眼レフ「K-1 MarkⅡ」を徹底分析してみたい。

フルサイズ「K-1 MarkⅡ」とAPS-C「K-3 MarkⅢ」を比較

左がフルサイズの「PENTAX K-1 MarkⅡ」。右がAPS-Cの「PENTAX KP」

フルサイズのPENTAX K-1 MarkⅡと、私が使用しているAPS-C機PENTAX KPを並べたのが、上記写真である。

正面のルックスは私好みだ。軍艦部はニコンFを彷彿とさせる形状で、クラシカルなデザインだ。

グリップ感は、肉厚だが、その分、しっかり握れる感じがする。これはスナップに使えると感じた。

まずは、APS-Cフラグシップモデル新型K-3 MarkⅢとスペックを比較した。

PENTAX K-1 MarkⅡPENTAX K-3 Mark III
発売日2018年4月2021年4月
撮像素子フルサイズ CMOSAPS-C CMOS
有効画素数3640万画素2573万画素
連射性能最高約4.4コマ/秒最高約12コマ/秒
撮影感度標準:ISO 100~819200標準:ISO 100~1600000 
ファインダー倍率0.7倍(視野率約100%)1.05倍(視野率約100%)
5軸手振れ補正
背面モニターフレキシブルチルト式液晶固定式液晶
ライブビュー○(顔検出)○(顔検出、タッチAF
動画Full HD 4K
幅x高さx奥行き136.5x110x85.5 mm134.5×103.5×73.5 mm
重量(バッテリー等含む)1010g(本体のみ925g)820g (本体のみ735g )
価格23万2650円25万1820円
価格はマップカメラの新品相場。K-1 MarkⅡの中古相場は15万円台。

APS-Cの新型「K-3 Mark III」はAF性能や連射性能を向上させ、背面液晶はタッチAFも可能になった。ようやく今時のミラーレスに追いついたモデルといった印象だ。

一方、2018年発売のフルサイズ「K-1 MarkⅡ」はAF性能や連射性能などは劣るものの、背面液晶はフレキシブルチルト式で前後左右に比較的自由に動かせ、ローアングルの撮影でも使い勝手が良い。

何よりもフルサイズだから、APS-Cが背伸びしても追いつけない画質性能がある。

フルサイズのK1を使いこなした頃には新型K3も値段が落ち着いているだろうから、その頃に購入を検討するつもりだが、臨時収入が入れば、新型K3も購入してしまうかもしれない。

そのくらいデジタル一眼レフは撮影過程が楽しいシステムだと実感している。

ただ、カメラで最も大切なのは最終的に生成される写真の出来だ。

というわけで、そのスナップ写真を紹介したい。

フルサイズ「K-1 MarkⅡ」は都市変貌を華麗に描写してくれた(作例)

「変貌する渋谷と変わら渋谷」〜PENTAX K-1 MarkⅡでスナップ撮影

今回は、代官山を下った並木橋付近から、再開発で誕生した渋谷ストリームに向けてスナップ撮影した。

渋谷ストリームは、旧渋谷駅の南側を再開発して誕生した複合商業施設で、オフィスフロアはGoogle日本法人が入居し、渋谷を象徴する建造物の一つとなった。

並木橋付近から渋谷ストリームまでは車が行き交う明治通りと渋谷川が並行し、とくに渋谷川周辺は官民連携で遊歩道が整備された。今回の撮影はその景観の変化がテーマだった。

かつてはどちらかといえば日陰的な存在だった渋谷川沿い。美しい遊歩道に様変わりする一方で、いまもなお昔の面影を残している。まさに「変貌する渋谷と変わらぬ渋谷」を目にできるスポットでもあった。

では、PENTAX K-1 MarkⅡとともに歩いた渋谷をご覧ください。

明治通りの正面左手に浮かんでいるのが複合商業ビル「渋谷ストリーム」。地上35階建て、他のビルに比べて圧倒的な存在感だ。

明治通り沿いは、以前と変わらぬ街並みが続いていた。

明治通りの西側を並行する渋谷川に出てみた。官民連携で整備された遊歩道が続く。

「渋谷ストリーム」の前に立つと、電光掲示板にオフィス棟を一括で借り上げているGoogleの文字が光った。

渋谷川沿いを歩くと、明治通りに並ぶビルの裏手を眺めることもできる。そこは昭和の面影が漂う世界。

「渋谷ストリーム」を後にして代官山方面に歩いた。

代官山方面から渋谷に向けてシャッターを切った。高層ビルと高架橋が対照的な表情で浮き上がった。

撮影者:PENTAX K-1 MarkⅡ+HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR

撮影補助:さきょう

撮影を終えて感じたこと

やはり、デジタル一眼レフは撮影が楽しい。

デジタル一眼レフの弱点かつ長所は、ミラーレスのようにファインダーで完成映像を見ることができないことだ。見えるのは目の前の実像である。

だから、写真に仕上がった絵を想像しなからシャッターを切る。仕上がった写真を見て、あれこれ考える。まるで速攻現像のフィルムカメラと戯れているような感覚だ。

これが一眼レフの最大の魅力だと思う。

「時代に合わない」「ビジネスにならない」と切り捨てられるものと新たに生まれるもの。その新旧の消長で時代は推移してきた。

ニコン、キヤノンといった大手メーカーがデジタル一眼レフから手を引こうとしている現在、一眼レフ宣言したペンタックスの存在は貴重だ。今回、渋谷の最新スポットを歩きながら、ペンタックスはその古き残像もしっかり描写してくれた。

というわけで、ペンタックスのフルサイズが描き出した写真はいかがだったろうか。

使用したレンズは「K-1 MarkⅡ」のキットレンズ「HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR」。キットレンズで、このくらい描写したら必要十分である。中望遠を活用すれば、綺麗なボケも描ける。ボケは何も大口径レンズだけの特権ではないのである。

しかも、「HD PENTAX-D FA 28-105mm F3.5-5.6 ED DC WR」は重量約440g、長さも9㎝足らずと軽量コンパクトだ。カメラのサイズ・重量に影響を与えるのは、ボディ本体よりもレンズの存在だ。K1とこのレンズの組み合わせはスナップ向きのシステムだった。

K-1 MarkⅡの使用感だが、スナップのAF性能は問題なし。ピントも素早く合焦した。ボディは約1kgだが、がっちり握れるグリップのせいか、3時間ほどの撮影でもさほど疲労しなかった。私は軽量コンパクトなlimitedレンズも多用しているが、さらに総重量が抑えられ、スナップを快適にしてくれている。

最後に、ファインダーに触れておきたい。新型K-3 MarkⅢをPRするプロ写真家たちがこぞって「APS-Cモデルでありながらフルサイズ並みのファインダーで見えが気持ち良い」と口を揃えている。

確かにK1MarkⅡを使用したあと、APS-CのKPで撮影すると、最初は少しファインダーが小さく感じられた。では、KPのファインダーが撮影しずらいかというと、そうでもない。要は慣れの問題だ。

新型K-3 MarkⅢのファインダーがフルサイズ並みということで、APS-Cモデルに25万円、あるいは30万円近い価格は少し高い気はする。

むしろ、写真家たちが美辞麗句を並べず、「やや割高な価格だが、ペンタックスの灯を消さないためにも社会貢献だと思って買ってください」と口を揃えてくれた方が、私的には素直に飲み込めた。

いずれにしても、ペンタックスは、鳥やスポーツ撮影向きというより、そのボディやレンズの小ささや手振れ補正搭載が徹底されている点で、スナップ向きの機材だと感じている。

ミラーレスしか使ったことのないスナップ派は一度、ペンタックス機の撮影体験をおすすめする。ミラーレスでは味わえない何かが見つかるはずだ。

 

使用した機材


コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました