旅撮影でα7RⅢの高精細な描写とSEL24105Gの利便性を実感! 日本平ホテル&久能山東照宮・作例

旅行編
ページ内に広告が含まれています。

国内旅行に最適な旅カメラを考える(後編)

TBSドラマ「華麗なる一族」のロケ地・日本平ホテル

2020年秋、私はまず東京から伊勢志摩まで走破した。2016年伊勢志摩サミットの会場となった志摩観光ホテルに一泊し、翌朝は伊勢神宮で身を清めた。(伊勢志摩編は前編をご覧ください)

国内の旅カメラはソニーα7RⅢとFE 24-105mm F4 G OSSが適材適所!志摩観光ホテル&伊勢神宮・作例
国内旅行に最適な旅カメラを考える(前編) 旅行に選んだカメラはSONY α7RⅢとLeica M10 今年は5月に結婚30年記念もかねてフランス・パリに旅行する予定だったが、新型コロナの影響でキャンセルとなった。そのリカバリーとして、この秋、国内旅行を計画した。 その結果、妻が「死ぬまでに一度行きたい」と話していた三重県・志摩観光ホテルと、私がかねてから気になっていた静岡県・日本平ホテルを拠点としたコースを選択。車での長距離移動となった。 旅といえば、カメラである。 どんなカメラを持って行こうか、あれこれ思案するのも楽しいもの。私が選んだのは、SONY α7RⅢとLeica M10の2機種だっ...

翌日、長距離運転で疲れた体に鞭打って、次に向かったのは静岡県・日本平ホテルだった。

志摩観光ホテルは妻が熱望したホテル。一方の日本平ホテルは私がかねてから泊まりたかったホテルだ。

このホテルは「風景美術館」とも言われ、見事な野外庭園とその絶景を一度見たかった。

日本平ホテルに到着したのは夕方。すでに日が暮れつつあった。

到着時はクタクタ。撮影はほとんどα7RⅢのオートフォーカスに頼り、広角域から中望遠まで撮影可能な「FE 24-105mm F4 G OSS」の利便性に助けられた。

日本平ホテルは、2007年にTBS系列で放送されたドラマ「華麗なる一族」のロケ地でもある。

最大の特徴は約15000坪の広大な野外庭園。ドラマでは、主人公の住む屋敷・万俵家の庭園として登場した。天気の良い日は富士山、眼下に駿河湾を望むことができる。

宿泊したのはコーナースイート。広さや装備、部屋の美しさは志摩観光ホテルの「ザ ベイスイート」に迫るクオリティだった。

ベランダからは広大な風景が広がっていた。

夜になると、眼下に夜景が現れた。

翌朝、ベランダに立つと、秋の爽やかな空と陽光に輝く街が広がっていた。

広大な野外庭園。若いカップルが幸せそうに記念写真を撮影する姿が見えた。

野外ドラマ「華麗なる一族」でも登場した石のオブジェが庭園に並んでいる。

次は、望遠端(105㎜)で撮影した眼下の街と山々

逆光の空と雲

庭園から望むホテルと近景

ホテルの従業員によると、2021年1月末まで、すでに予約が埋まっている状態だという。大人気なのもうなづけるホテルだった。

最終日、帰京の日だ。

妻が帰宅前に日本平ロープウェイに乗りたいという。彼女は高所好きで遊園地のジェットコースターも大好物である。

私は高所は得意ではないが、彼女の「絶景を見たい」という要望に押し切られた。

しかし、我々はこのあと予想もしなかったものと遭遇することになる。

豪華絢爛!徳川家康公が眠る久能山東照宮

スポンサーリンク

日本平ロープウェイは日本平と久能山山上の久能山東照宮を結んでいる。

我々は何の予備知識もなかったので「久能山東照宮って???」という状態だった。

約5分で久能山東照宮の入り口付近に到着。修学旅行らしき子供達の姿も見られた。

久能山東照宮は徳川家康公ゆかりの地。山城のあとに建立されたためか、合計1159段もの階段を登る。案内人の方が「いちいちご苦労さん」と呼ばれていると教えてくれた。

家康の遺訓「及ばざるは過ぎたるよりまされり」が迎えてくれた。

足りないくらいの方がやりすぎるより優っているという意味だろうか。

勝負を急がず、じっと忍耐の末に天下統一を果たした徳川家康らしい言葉だ。

門をくぐると、家康38歳時の手形が置かれていた。

説明によると、推定身長は155センチから159センチだったそうで、現代ならば、小柄な成人男性だ。

この時、我々は久能山東照宮がとても家康公にゆかり深い場所だと感じ始めた。

家康公の手形は他の観光客も珍しそうに眺めていた。

石の灯篭は苔も宿り、味わいを加えていた。

本堂はさらに階段を上がったところにあった。

門の装飾・彫刻も豪華絢爛。α7RⅢの高精細な描写が記憶を呼び起こしてくれる。