【スナップに最適なデジタル一眼レフ・最終回】クラシカルなデザインのPENTAX KPをベストカメラに選定!小型軽量、5軸手振れ補正、優れた高感度性能は好印象(作例あり)

スナップ
ページ内に広告が含まれています。

PENTAX KPが最もスナップに適した機種と判断した理由

ミラーレス並みの小型軽量!高級感漂うlimitedレンズも魅力的

スナップに最適なデジタル一眼レフを探求する旅は、今回が最終回。

1回目は2007年発売のPENTAX K100D、2回目はNikon D60を選んだ。いずれもCCDセンサー。ボディ重量は400〜500g台の小型軽量なデジイチだ。最終回は、発売時期が2010年以降、CMOSセンサーの機種から選考した。

デジタル一眼レフといえば、平成から令和にかけ、キヤノンやニコンなど伝統的大手メーカーがしのぎを削ったジャンルだけに多くの機種が発売されたが、最終的に、ペンタックスのミドルクラス・PENTAX KPをスナップに適したカメラに選んだ。

選定基準は、次の3点。

  • 小型軽量であること
  • 持ち歩きたくなるデザインであること
  • 過不足ない機能性能を備えていること

デジタル一眼レフは、重くて大きなモデルばかりだ。フルサイズは800〜900g以上、APS-Cでも700gを超える機種がほとんど。この重さが近年、ミラーレスにシェアを逆転された一因でもある。

しかし、PENTAX KPはボディ重量643g、バッテリーを含めても約700gにとどまる。デジイチにもかかわらず、5軸手振れ補正や防滴防塵を装備しても、バッテリー込み約700gに抑え込んだのは、なかなかのモデルだと思う。

購入前はボディのチープ感は覚悟していたが、握ってみると、予想に反して、良いモノ感もある。ボディ本体の前後と下部にはマグネシウム合金が使われていて、いかにも廉価版的なプロダクトではなかった。

ただ、私が最も重視したのはデザインである。

次の写真をご覧になっていただきたい。

「PENTAX KP」に「FA 43mmF1.9 Limited」を装着。limitedレンズは描写、鏡胴の作り込み、ともに素晴らしい。

PENTAX KPのデザインは全体的にクラシカル。しかも、PENTAXには小さくて軽い魅力的なレンズも多く、あえて収差を残したlimitedレンズはアルミ削り出しで高級感もある。「FA 43mmF1.9 Limited」を装着したのが上記の写真で、黒ボディに白レンズは美しい姿になった。

仕事カメラなら多少不細工でも我慢はできる。しかし、趣味カメラは所有する喜びを与えてくれるデザインを選びたい。

ミラーレスの人気機種と比較して見えてくること

では、PENTAX KPの基本スペックはどうか。

人気のミラーレスSONY α7ⅢやフジフイルムのフラッグシップX-T4と比較したのが下の表だ。

PENTAX KP SONY α7Ⅲ FUJIFILM X-T4
発売日 2017年2月 2018年3月 2020年5月
撮像素子 APS-C CMOS フルサイズ CMOS APS-C CMOS
有効画素数 2432万画素 2420万画素 2610万画素
連射性能 最高約7コマ/秒 Hi+:最高約10コマ/秒 約15コマ/秒(メカ)
撮影感度 標準:ISO100~819200 標準:ISO100~51200 標準:ISO160~12800
ファインダー倍率 0.95倍 0.78倍 0.75倍
5軸手振れ補正
ライブビュー
幅x高さx奥行き 131.5x101x76 mm 126.9×95.6×73.7 mm 134.6×92.8×63.8 mm
重量 643g 565g 526g
価格 9万2950円(楽天ビック) 22万7520円(マップカメラ) 20万2455円(マップカメラ)
今年、PENTAX KPの生産は終了したため、執筆時、在庫のある楽天ビックの販売価格を参考にしました。なお、中古の場合は、6万円台で購入可能。

ご覧のように、KPは一眼レフだけあってファンダー倍率が優れている。連射性能は3機種の中で最も劣っているが、そもそもスナップという私の用途に高速連射は不要だ。

むしろ、手持ちで夜撮影できるように、5軸手振れ補正に加え、高感度撮影時のノイズに強い点(高感度耐性)が好印象だった。

ボディ重量は他のミラーレスよりやや重いが、limitedシリーズなどレンズを含めてトータルで考えると小型軽量なシステム構築が可能だ。

具体的にデザインとサイズ感を比較してみたい。

以下の写真は、M10-P、α7Ⅲ、X-T4と並べた写真だ。

PENTAX KP(左)とLeica10-P(右)

PENTAX KP(左)とSONY α7Ⅲ(右)

PENTAX KP(左)とFUJIFILM X-T4(右)

PENTAX KPのサイズ感はミラーレスと良い勝負だ。

デジタル一眼レフは巨大で威圧感を与えるカメラというイメージを払拭するモデルだ。それにしても、まるでNikon Fのようなクラシカルなシルエットは素晴らしい。写真を見て改めて実感した。

以上が、スナップに最適なデジタル一眼レフとして、PENTAXのKPを選定した理由である。

もうひとつ大切なことがある。カメラにとって重要なのは最後に生成される写真だ。

というわけで、早速、スナップに出かけた。作例をご覧いただきたい。

PENTAX KPが写し出した平和で穏やかな情景 作例と解説

スポンサーリンク

PENTAX KPの作例・目黒川沿いの平和な日常風景をどう表現したのか

PENTAX KPとともに持ち出したレンズは2本。まずは人気の「smc PENTAX-FA 43mmF1.9 Limited」。もう一本はキットレンズ「smc PENTAX-DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL IF DC WR」である。

PENTAX KPはAPS-Cセンサーなので、キットレンズはフルサイズ換算約28㎜から200㎜に相当する。このレンズ、キットらしからぬ描写力だった。

2021年もコロナ禍の中で桜の季節を迎えようとしている。

桜が芽吹く頃、PENTAX KPとともに、桜の名所・目黒川に足を運んだ。撮影当日は透き通るような青空。その青空に向かって桜が芽吹く姿から、ご覧いただきたい。