ライカ、ソニー、富士フイルム!買ったカメラと売ったカメラの忘備録(2020年2月現在)

LEICA M10、M(240)
スポンサーリンク

ライカを中心にカメラシステムを強化

カメラは4台売却して新たに2台調達!レンズは2本新調

2019年11月に私の所有するカメラとレンズを忘備録として記録しました。

私の愛するカメラとレンズ一覧【忘備録】LEICA M10、α7Ⅲ、X-T3
私がカメラやレンズを選ぶ際に留意していること カメラやレンズを選ぶ際の条件は小型軽量! 今年2月、私は保有するカメラを当ブログで紹介しました。 あれから8ヵ月余り、今年は買い替えや追加購入を続けた結果、ほぼ思い描いたラインナップに近づいてきたので、忘備録として記録したいと思います。 その前に、私がカメラやレンズに求めるものは何か?(解像度や収差など写りの良さのほか) まずはカメラですが、次の通りです。 小型軽量 高性能・高機能 手ぶれ補正搭載 バリアングルか180度チルド方式の液晶モニター フォルムの美しさ 次にレンズ。 小型軽量 F値が低めの明るいレンズ 手に取った時に感じる高級感 全てを満たすカメラやレンズはさほど多くはないのですが、上記の点は意識しています。 カメラは贅沢な趣味なの...

年明けから、カメラやレンズの入れ替えを行ったので、忘備録を残したいと思います。

今回の入れ替えは、私にとっては現時点で最善の選択だと考えています。

まず売却したカメラは・・・・

  • 富士フイルムX-T30
  • 富士フイルムX-E3
  • ソニーRX100M5
  • Leica C-LUX

一方、新たに購入したカメラは・・・

  • Leica M(Typ240)
  • 富士フイルムX100V

富士フイルムの新型コンデジX100Vを予約注文したので、おそらく稼働率が低下しそうなコンデジのソニーRX100M5とLeica C-LUXは売却しました。

ただ、最新のRX100M7は200㎜まで望遠が可能なので、まだ手元に残しています。

レンズはライカMマウントとソニーEマウントを強化

レンズはライカMマウントとソニーEマウント用の広角域2本を新たに調達しました。

  • SUMMICRON-M F2/28mm ASPH.(ライカMマウント)
  • タムロン 17-28mm F/2.8 Di III RXD (ソニーEマウント)

タムロン17-28はF値2.8の明るい広角ズームでありながら、軽くて寄れて安いということで、昨年暮れから大人気のレンズとなっています。

F値2.8の広角ズームではソニーのGMレンズ(FE 16-35mm F2.8 GM)が約23万円。一方のタムロンは10万円前後と圧倒的に安く、しかも寄れるレンズなので人気沸騰なのも無理はありません。

レンズの姿もシンプルかつ端正で品があります。

最近のタムロンは「軽量コンパクトて安くてよく写る」ことにプロダクトの思想を集中させているのは好印象です。

ソニーは高価で重くて寄れないGMレンズに胡座をかいていられないと思います。

さすがに最近はソニーもGMレンズのキャッシュバックを始めたり、ちょっと危機感を持ち始めているようにみえます。

タムロンがスナップ撮影に最適なEマウント用単焦点レンズを発売!ソニーユーザーには待望の安くて軽くて寄れるレンズ
タムロンのレンズがソニーユーザーに人気の理由 タムロンはソニーミラーレスユーザーの救世主か? いま、レンズメーカーで最も注目しているのがタムロンだ。 ミラーレスでダントツの人気を誇るソニーのEマウント用レンズを次々と発表し、そのどれもがソニーユーザーには魅力的な内容となっているためだ。 タムロンのEマウントレンズといえば、2018年4月、ソニーの安くて高性能なフルサイズカメラα7Ⅲの発売に歩調を合わせて発売した標準ズーム「28-75mm F/2.8 Di III RXD」が代表作といえます。 F値2.8の明るい大三元レンズにもかかわらず、10万円前後という安価だったために発売直後から大人気となったのはまだ記憶に新しいところです。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||function...
スポンサーリンク

ライカはM10とM(Typ240)の2台体制

Leica M(Typ240)と28㎜レンズの購入でMシステムは完成

Leica M10(左)、Leica M Typ240 アラカルト(右)

ライカのシステムは以下のようになりました。

【カメラ】

  • LEICA M10 ブラッククローム
  • ライカM(Typ240)アラカルト ブラックペイント 新規
  • LEICA C-LUX(コンデジ)売却

【レンズ】

  • SUMMICRON-M  f/2/28mm ASPH. 新規
  • SUMMICRON-M  f/2/35mm ASPH.
  • SUMMICRON-M f2/50mm 
  • SUMMARIT-M f2.4/90mm 

レンズはF2のズミクロンを中心に28㎜から90㎜まで4本揃いました。

最近はすっかり私のスナップカメラはライカがメインとなっていますが、野外でレンズを交換するのはセンサーへのゴミやチリの付着などリスクを感じるものです。

このため、ですから、異なる画角で撮影する際にはM10とM(Typ240)にレンズを装着して出かけることを考えています。

Leica M(Typ240)を選んだ理由

今回、M(Typ240)購入にあたっては、少しM10-Pにすべきか迷いました。

価格面では、M10-Pは現行モデルなので中古でも80万円ほど。対する1世代前のM(Typ240)は中古だと40万絵台から選べます。

価格面では、圧倒的にM(Typ240)が優れています。

さらに、画質ですが、M10-Pは現在所有しているM10と同じ近代的な描写。基本的には同じです。

一方、M(Typ240)は、作例を見る限り、情緒的で甘美な雰囲気で、これはこれでM10とは異なる描写力です。

というわけで、M(Typ240)アラカルトのブラックペイントを選びました。

ブラックペイントは使い込むと真鍮が浮き出るのが特徴で、モデルによっては新品の段階から真鍮を浮き出させたモデルもあるくらいです。

まあ、ジーンズに近い感覚ですね。

ですから、使い込んで真鍮の風味も楽しみたいと考えました。

ライカM(Typ240)は動画機能を搭載した唯一のM型モデル

もうひとつ、ライカM(Typ240)は、M型ライカの中で、唯一、動画機能(フルHD)を搭載したモデルです。

しかし、ライカ社はM型ライカに動画需要が少ないと判断したのか、その後のモデルは動画機能を削除し、スチールのみのモデルばかりになりました。

ただ、さすがだと思うのは、その動画がとても美しいということです。

小説家よしもとばななが1989年に発表した原作を2015年に映画化した『白河夜船』(主演・安藤サクラ)。若木信吾監督はライカM(Typ240)と35mレンズだけで撮影しました。

ユーチューブに残っている映像を見ると、ライカM(Typ240)で撮影した映像の素晴らしさを確認することができます。

『白河夜船』予告編

若木信吾監督はインタビューの中で、ライカM(Typ240)だけで撮影した狙いについて、次のように説明しています。

今回は撮影機材を一眼レフデジタルカメラ「ライカM」1台と35ミリのレンズほぼ1本で撮影するという制限を自分で加えたことが、うまく映像化できた理由のひとつだと思います。大きなスクリーンに耐えられるクオリティーかどうかの不安はありましたが、機材を最小化することで、より自分の目線で忠実にものを見るということができたと思います。このやり方で映画撮影を進歩させていく手応えは感じました。(引用元:webDICE

さすがに、ライカMの動画撮影は4Kはなく、フルHD30fpsにとどまっています。

最近のカメラ業界は、「4K60P」「いや、6Kだ」「いやいや8Kだ」といった具合に高画質競争を繰り広げていますが、ライカM(Typ240)のフルHDで十分だという気もしてきます。

スポンサーリンク

ソニーEシステムはほぼ完成!フジXシステムはあと一歩

α7Ⅲはソニーの歴史的名機だと思う理由

ソニーα7Ⅲは、2018年3月23日の発売以来、3年近くになろうとしているのに、いまだに売り上げトップに名前の上がる人気モデルです。

私は一眼レフ時代に終止符を打った記念すべきモデルとして手に入れたのですが、実にバランスの良いフルサイズミラーレスだと感じています。

ですから、当分は、この名機を手元に置いておこうと考え、今回、新たに17〜28㎜の広角域をカバーするタムロンの17-28mm F/2.8 Di III RXDを購入しました。

これで、Eマウントシステムはほぼ完成しました。

【カメラ】

  • α7Ⅲ
  • RX100M7(コンデジ)
  • RX100M5(コンデジ)売却

【レンズ】

  • タムロン17-28mm F/2.8 Di III RXD 新規
  • SEL24105G
  • SEL100400GM
  • SEL28F20
  • SEL55F18Z

あとは、35㎜の単焦点レンズを加えるべきかどうか検討していますが、ソニーが昨年発売した人気の「FE 35mm F1.8 」を中古で購入するかもしれません。

富士フイルムはX-T3とX100Vの2台体制!X-T4も視野

各メーカーがフルサイズミラーレスに参入するなか、富士フイルムは唯一APS-Cセンサーに特化したカメラを開発し続けているメーカーです。

このため、レンズの種類が豊富なうえに「フジのレンズにハズレなし」と言われるほど性能が高いレベルで均一化されているのが特徴です。

フジに関しては、レンズシステムが完成しているので、あとは今後5年間を見据えてカメラを選んでいる最中ですが、メインカメラとして最有力なのは、2月26日に発表されるX-T4です。

ただ、当面は、X-T3とX100V(予約注文中)の2台体制です。

これで十分な気もしますが、X-T4があまりにも私の理想に近いミラーレスカメラなので、富士フイルムを応援する意味も込めて購入する予定です。

富士フイルム「X-T4」はボディー内手ぶれ補正とバリアングル搭載の理想的なAPS-Cミラーレスカメラになりそうだ!
フジフイルムが2月26日にX-T3の後継機「X-T4」を発表する予定です。 現行のX-T3が発売されたのは2018年9月20日。わずか1年半ほどで後継機を発表することになります。 最近はミラーレスを取り巻く技術競争は激しく、富士フイルムのカメラは色味や絵作りには定評がありますが、機能面では他メーカーの後手に回っている面が少なくありませんでした。 しかし、これまでの情報を総合すると、新モデル「X-T4」は他メーカーとの遅れを一気に取り戻し、性能・機能、価格面、作り出す画像の素晴らしさと、三拍子揃った理想的なカメラになりそうです。 というわけで、X-T3ユーザーの私にとって、X-T4がどんなカメラになって登場するのか、とても興味深いので、あれこれ雑談したいと思います。 2月26日発表予定の「X-T4」のスペックは? ボディー内手ぶれ補正にバリアングル、バッテリー...

【カメラ】

  • X-T3
  • X100V ブラック(予約) 新規
  • X-T30 売却
  • X-E3 売却

【レンズ】

  • XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
  • XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
  • XF16mmF1.4 R WR
  • XF23mmF2 R WR
  • XF27mmF2.8
  • XF35mmF1.4 R
  • XF35mmF2 R WR
  • XF56mmF1.2 R

今回売却したX-T30とX-E3は、いずれも小型軽量で価格も手頃、それでいて画質も素晴らしいカメラでした。

ただ、今後、コンデジのX100Vが加入すると使用機会が激減しそうです。

防湿庫に置きっ放しになるよりは、誰かに使ってもらった方がカメラも幸せだと思い、今回、売却した次第です。

富士フイルムがAPS-C最強の高級コンデジX100Vを発表!人気の旅スナップカメラX100Fと徹底比較した
富士フイルムが高級コンパクトデジカメ「FUJIFILM X100V」が正式に発表しました。 2017年2月23日に発売されて以来、いまなお大人気の「X100F」の後継機ですが、新型「X100V」はどこまで進化したのか、両モデルを比較してみたいと思います。 X100Xは世界最高のAPS-Cコンデジ X100VはM型ライカを彷彿とさせるフォルム 私がいま、APS-Cセンサー搭載の高級コンパクトデジタルカメラ「X100V」に最も注目しています。 カメラにとってフォルムはとても大切です。スタイリッシュなカメラであれば、外に持ち出すモチベーションが高まり、撮影枚数も増えるものです。 カメラは撮影してナンボの世界。シャッターを切らなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。 X100シリーズは、光学式と電子式の切り替えが可能な「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダ...

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました